ポスティングアルバイトが語る求人情報と実際の仕事勤務や給料の違い

ポスティングとはチラシをポストに配布する仕事のこと。東京地域の各エリアでスタッフが店情報を広告します。

ポスティングアルバイト・チラシ投函バイト・ポスト投函求人・ポスト配布スタッフ・ビラ投函配布員・ポスティング募集の給料はチラシを一枚単価で何枚配布するかで料金が決まります

元ポスティングアルバイトがポスティング求人内容と実際のチラシ配布アルバイトの仕事の違いを告白。

 

自由勤務OK・勤務地東京・簡単仕事・時給OK・高給料・スタッフ手当金などのポスティング求人情報と現実の仕事や辛さや給料は人により違います。ポスティングアルバイト歴4年の私自身と、共に仕事をした配布員バイト達の現実を会社の許可を得て紹介いたします。また寮生活や仕事で共に働いた配布員は100名以上。仲間たちの驚きの過去や事件、口コミなどををありのままにお伝えいたします。

元ポスティングアルバイトの私について

東京の医療器具メーカーで営業職に就いていましたが会社が倒産。再就職が困難だったため同じ部署にいた仲間と営業代行会社を起業しました。成功報酬型のテレアポがメインでしたが仕事は順調には行かず借金を抱えたまま仲間が逃亡。自己破産が原因で妻と実家を失い一家離散に追い込まれた後は生活保護で暮らしていました。

私がポスティング求人に興味を持った理由

社員寮に入居できる仕事を探しましたが年齢と単身が理由で正社員就職を断念せざるを得ず、週払いOKのパート仕事でネット難民生活を送りました。そんな中、無料求人広告でスタッフ寮完備・日払いOK・自由勤務OK・ダブルワークOKの仕事を発見。それがチラシをポストに配布するだけのポスティングアルバイトの仕事でした。

求人元のポスティング会社にて面接後すぐに採用

必要な物は履歴書・身分証・印鑑のみ。公衆電話で日時決定後に面接採用試験に赴きました。私の前には若いスーツ姿の男性二人が座り各人が担当する質問で職歴と生活状況の確認。また奥に座る私服姿の年配の男性からはポスティング経験の質問と携帯電話やバイク貸与の説明を受けました。所要1時間程で業務委託契約書に捺印して採用決定。本日中にスタッフ寮に入居して明日8時より仕事開始とのことでした。

住居費用と携帯電話料金・交通費は給与から天引き

倉庫の上にあるアルバイト寮の大部屋には10名程の配布員が生活。共有物はトイレ・シャワーのみで寝ること以外は全て外で行う決まりです。仕事時にはポスティング会社へは行かず、下の倉庫でエリアごとにまとめられたチラシを早い者勝ちで選んでから内勤の管理者に持出を報告するとのこと。私は初めてなので「2500枚・軒並」と書かれたチラシを選択して借りた自転車に積もうとしたところ、別の二つのチラシを同じ枚数渡されました。つまり合計7500枚!一体なぜなのか・・・

3種類のチラシを同じポストに同時に配布する「併配」は常識!?

このポスティング会社では一枚のチラシの配布単価が1円なので一つのポストに3種類のチラシを3枚配布して3円。それを2500台のポストに配布するので合計7500円が私の一日の給料になるとのこと。自転車の前カゴに一番サイズが小さいB5チラシ2千枚の束を置き、後ろのBOXに残り5500枚を入れて走ろうとしましたが全く動きません。少し走ってもハンドルがふらふら・・・

時給千円にするには7500枚のチラシを6時間半で配り切ること

チラシと共に渡されたのは町丁ごとのエリアが線で仕切られ世帯数が書かれた配布地図、配布エリア内の投函禁止物件の住所リスト、配布報告書。この日は全てのポストに配布可能な「軒並配布」なので世帯数分の配布ができるはず。ポスティングする方法は自分で考えるのが上手くなるコツと聞かされたので、取り合えずトートバッグの中に200枚程の3種のチラシを段ボールの切れ端で仕切って入れました。しかしながら配布現場までの30分と、現場を回って配布エリアの順番決めやチラシの束を解いてバッグに入れるのに30分。最初の一枚を入れたのは10時過ぎでした。

6時間半で2500のポストにチラシを入れるなら9.36秒に1ポストの計算

3種のチラシを同じポストに配布することが想像以上に難しいことに気付きました。最初はバッグに手を入れて3種のチラシを併せ抜き、3枚を同時に配布しようと考えましたが抜くのに時間が掛るだけでなく、3枚の内一枚だけがポストに入れた後に裏面になってしまう・・・つまり私が手の平を下にしてチラシと共にポストのフタを押して入れる方法なので、それに合わせてチラシの向きや裏表を考えてバッグに入れることが必要でした。チラシを取り出して配布するのに10秒を要したので次のポストまでの移動時間が作業の遅れになることは言うまでもありません。

重厚なマンションや母子が集う団地に入る時の怖さと人目

一戸建て住宅へのポスティングには移動時間が掛かるため、マンションの集合ポストで遅れを取り戻すしかありません。ところがマンション(他人の住宅)に入るのにこれほどの勇気がいることを初めて体験しました。しかも大きなマンションには管理人さんがいるのでチラシを見せて配布許可を頂くことになります。また住民と遭遇して質問をされることもありました。ポスティングは会社の監視が無く一人で気楽にできる仕事と思いましたが、逆にトラブルになれば一人で処理しなければならないことも思い知らされました。その後は警察沙汰にも・・・

ポスティング禁止物件の殆どが大型マンションである意味に驚愕

私の配布エリア全体で5件の投函禁止物件があり、初めての禁止物件であるマンション周辺に到着。自転車に「只今配布中」の札を置き施錠した上で辺りをポスティングしましたが、世帯数では1083世帯と配布地図に書かれているのに500枚強しか配布できませんでした。その理由はこのエリアにある2件の投函禁止物件マンションのポストが500を超えるためと直ぐに理解しましたが、これから先が恐ろしくなったのは、投函禁止マンションの世帯数が不明なため全てのチラシを配布できるのかと、間違って配布したらの不安。そしてその不安が・・・

初日からエリア越え配布を体験して、その後処理の辛さを実感

初めてのポスティングなので会社の人に言われた通り、1丁目1番地1号から順番に配布したので間違いはないと自負していましたが大間違いでした。エリアの境界線にあたる道沿いの配布で、あと信号2つまでは同じエリアのはずでしたが突然町名が変わっていることに気づき調べると、道沿いのある一角のみが別の町名であることが判明。内勤スタッフに連絡すると「エリア越え配布した全てのチラシをポストから回収して下さい」とのこと。風で飛ばされたチラシ回収の数倍の辛さでした・・・

ポスティング会社に提出する配布報告書には町丁単位の正確な配布数が必要

各町丁エリアの配布枚数は1枚単位での報告義務があるとのことで、最初は100ポスト毎に腕にボールペンで記録を残していましたが、途中で人に道を尋ねられたため全ての記憶がリセット、後戻りしてポスティングしたポストを数える始末です。居合わせた他の配布員に聞いたら100枚ずつを輪ゴムで束ねてからバッグに入れろと言われました。なるほど、それなら記憶しなくても残数を数えれば良いと・・・

ポスティングは配布行為以外にも仕事義務がたくさんあって大変です

ポスティングはチラシ配布だけと思っていたら大間違い。配布報告書に記入するのはエリア毎の配布数のほかに管理人さんに配布拒否されたりオートロックで配布不可の未投函物件の住所、物件名と大体の世帯数の記入。さらにエリアごとに最低10枚の住所付きのポスト写真のメール送信。これらをいちいちメモしたり報告書へ記入する時間も含めると不慣れなため約1時間は費やした感覚でした。

3種併配を1000ポスト終えたところで7時間!つまり時給500円

10時にポスティングを始めて昼食抜きで1000ポスト終わって16時でした。計算上このままでは翌朝の1時に終了となるのでコンビニで弁当を買って食べました。犬に吠えられたり、道路を横断中の老人を助けたり、マンションの管理人さんに怒られたり、チラシを積んだ自転車が無くなっていたり、巡回中のパトカーの警察官に職務質問されたり・・・ポスティングアルバイトの配布の仕事に集中したくても、なかなか許されない・・・それがポスティングだと知りました。

真っ暗闇のポスティングを強いられ止む無く断念・・情けない・・

夜のポスティングは電柱や住宅の表札が見えないため、自分がいる番地を把握できません。つまりエリア越えが怖くて配布できないのです。おまけに小雨もパラついてきて用意していたゴミ袋でチラシを保護しようとしましたが濡れてしまいます・・色々ありましたがこの日の配布エリアは全て回ったうえ384ポスト分のチラシを残し、配布終了報告の写メを送信したのが翌1時でした・・ただ少しずつポスティングのスピードが速くなっていることだけは実感しました。

私の初回ポスティング終了時のメモ書きについて

現在も保管しているメモ書きに、この日の反省点が綴られています。一にポスティングの効率(時給)は出発する前準備で決まること。配布するチラシの事前仕分け、配布地図でのルートプランと投函禁止物件の暗記、配布するチラシの宣伝を熟読して聞かれたら答えられるようにする。二に人を恐れないこと。管理人さんや住民に出会う時は笑って挨拶すること。三に周囲の状況を把握すること。現地の看板や電柱で住所をリアルタイムで確認する、歩道で人の通行を妨げないこと、チラシを風に飛ばされたり盗まれたりしないよう注意する。

ポスティング仕事初日を終えて一番辛かったこと

とある大型マンションの管理人さんに20分もの説教を受けた時のことでした。その管理人さんは差し出したチラシも見ないで配布拒否した後、「お前は人の家にゴミを置きにに来ている」「ゴミを処理している人の気持ちを考えていない」「こんな仕事をしていて恥ずかしくないのか」などを繰り返した挙句、ポスティングを依頼した会社の責任者からの謝罪が無ければ、私に対して被害届を警察に出すと言われました。この言葉をどう理解するかがこの仕事を続けるか否かの判断に重要でした。

私がポスティングの仕事を続けた理由

ポスティングアルバイトを始めた頃は妻との離婚調停成立直後で息子への接近禁止命令が成立したことで自暴自棄になっていたこともあり、この仕事の社会的な受け止められ方に疑問を抱いたことや生活のために仕方なくやっているなどが正直ありました。しかしながら半年ほど様々なチラシを配布して自分が変わっていくのが分かりました。広告という仕事の一つの手段として多くの企業に求められている責任感、イベントや工事の告知など公共メディアとしての必要性や地域活動への貢献などを考えると自分に誇りさえ感じるようになったのです。

目的を達成するための仕事ならポスティングは最高でした

私の失敗で生き別れた息子に一目でも会いたい、そして謝罪したい、誕生日に何かプレゼントしたい、そのために身なりを整えたい・・・その目的を達成できたのは時給や給与の問題を技術でクリアすれば、勤務時間やダブルワークなど全てが自由なポスティングアルバイトのお陰でした。夕方までをポスティングの仕事にして夜は飲食店などを転々としてパートで働き、一年後には無理せず月収35万円を越えたのです。そして4年後に人生の転機が・・・

私の現在について

4年後、私としては3社目となるアルバイト先のポスティング会社に在籍中、仕事の目的であった息子との再会を果たし、息子と旅行に行く約束まで取り付けたのです。それを見守ってくれた社長から声をかけて頂き正社員として営業職に就きました。勿論現在職種が変わっても毎日ポスティングを続けています。これより先は私が4年間で培った経験から「ポスティング仕事のメリット」「ポスティング仕事のデメリット」「ポスティング仕事上のノウハウ」「ポスティング仕事の話したくない真実」「ポスティング仕事を始める方へ」についてノンフィクションで告白いたします。また私の言葉が分からない場合は「ポスティング用語集」を見てください。

[ポスティングアルバイトが語る求人情報の間違いTOP]              [ポスティングのメリット]                           [ポスティングのデメリット]                          [ポスティングのノウハウ]                           [ポスティングの話したくない真実]                       [ポスティングを始める方へ]                          [ポスティング用語集(外部リンク)]

ポスティングアルバイト仕事の給料相場(チラシ配布単価×配布枚数)

(チラシサイズ別・チラシ配布単価相場・単配・一枚配布の場合)

軒並配布・名刺サイズからA4まで:1.0円から2.0円

軒並配布・B4サイズからA3まで:2.0円から3.0円

軒並配布・封筒から綴じ冊子:3.0円から8.0円

一戸建て住宅限定配布・名刺サイズからA4まで:3.0円から4.0円

一戸建て住宅限定配布・B4サイズからA3まで:4.0円から5.0円

一戸建て住宅限定配布・封筒から綴じ冊子:5.0円から10.0円

(チラシサイズ別・チラシ配布単価相場・多種併配・2~3枚配布の場合)

軒並配布・名刺サイズからA4まで:1.0円

軒並配布・B4サイズからA3まで:1.0円から1.5円

軒並配布・封筒から綴じ冊子:3.0円から8.0円(単配になります)

※一戸建て住宅限定配布および過疎地の軒並配布は単配になります

※事業所配布は時給仕事なのでポスティングアルバイトのみ

(配布員の仕事経験別・配布枚数・一日8時間労働・一枚配布の場合)

初心者の場合:軒並配布2000枚・一戸建て配布1000枚

3か月経験者:軒並配布2500枚・一戸建て配布1250枚

6か月経験者:軒並配布3000枚・一戸建て配布1500枚

プロ配布員:軒並配布4000枚・一戸建て配布2000枚

(配布員の仕事経験別・配布ポスト数・一日8時間労働・3種併配の場合)

初心者の場合:軒並配布1500ポスト・一戸建て配布1000ポスト

3か月経験者:軒並配布2000ポスト・一戸建て配布1250ポスト

6か月経験者:軒並配布2500ポスト・一戸建て配布1500ポスト

プロ配布員:軒並配布3500ポスト・一戸建て配布2000ポスト

※一戸建て住宅限定配布は基本的には単配になります

(配布員の仕事経験別・日給額・一日8時間労働・平均的な地形の場合)

初心者の場合:軒並配布4250円・一戸建て配布4000円

3か月経験者:軒並配布5500円・一戸建て配布5000円

6か月経験者:軒並配布7000円・一戸建て配布6000円

プロ配布員:軒並配布9000円・一戸建て配布8000円

※エリア世帯数1000未満を含む金額なのでマンション数により金額は上がります

ポスティングアルバイト仕事その他の給料・福利厚生など

(交通費):自宅からチラシ保管場所までの往復交通費およびチラシ保管場所から配布現場までの往復交通費(業務委託配布員には支給できません)

(出勤手当金):1か月の出勤日数に応じた手当金。ポスティング会社の規定により異なりますが最大月額3万円程が時給の他に支給されます。業務委託配布員も同様。

(車両持込手当金):バイク・車など自分の車両を使用してポスティングする場合、持込手当金やガソリン代が支給されます。業務委託配布員も同様。

(配布リーダー報酬金):チーム撒きで複数の配布員やチラシを管理したり、車のドライバー料金として特別に支給されます。業務委託配布員も同様。

(反響手当金):クライアントと反響報酬契約がある場合に支給。

(賞与・報奨金):年間を通してポスティング会社への貢献に応じた金額が給料に加算されます。業務委託配布員も同様。

(社会保険):ポスティングアルバイト仕事を週20時間以上する人は労使の合意により公的年金制度(国民年金や厚生年金保険)と医療保険制度(健康保険など)に加入できます。業務委託配布員は自分で加入するしかありません。

(雇用保険):社会保険同様の条件で、ポスティングアルバイトが勤めている時に受けられる育児休業給付、介護休業給付、教育訓練給付および失業時に受け取れる失業保険の給付金を受給できます。学生と業務委託配布員はNGです。

(労災保険・労働者災害補償保険):ポスティング業務中や通勤の際のケガや病気に対して保険金が給付されます。業務委託配布員も同様ですが、ポスティング会社が加入している必要があります。

(給料の支払い方法):時給・日給・週給・月給に関わらず原則として現金支給になります。銀行振込の場合は振込手数料を取るポスティング会社もあります。

ポスティングスタッフ100人に聞いた東京23区別人気配布スポット

(千代田区地域)千代田区神田神保町・千代田区岩本町・千代田区一番町

(中央区地域) 中央区佃・中央区月島・中央区日本橋浜町

(港区地域)  港区芝・港区三田・港区高輪

(新宿区地域) 新宿区高田馬場・新宿区西早稲田・新宿区北新宿

(文京区地域) 文京区本郷・文京区小石川・文京区大塚

(台東区地域) 台東区浅草・台東区千束・台東区根岸

(墨田区地域) 墨田区緑・墨田区墨田・墨田区太平

(江東区地域) 江東区大島・江東区亀戸・江東区南砂

(品川区地域) 品川区西五反田・品川区南大井・品川区八潮

(目黒区地域) 目黒区上目黒・目黒区目黒本町・目黒区下目黒

(大田区地域) 大田区大森西・大田区大森北・大田区蒲田

(世田谷区地域)世田谷区太子堂・世田谷区池尻・世田谷区世田谷

(渋谷区地域) 渋谷区代々木・渋谷区笹塚・渋谷区幡ケ谷

(中野区地域) 中野区中野・中野区中央・中野区本町

(杉並区地域) 杉並区高円寺南・杉並区阿佐谷南・杉並区荻窪

(豊島区地域) 豊島区東池袋・豊島区南大塚・豊島区上池袋

(北区地域)  北区豊島・北区滝野川・北区浮間

(荒川区地域) 荒川区東日暮里・荒川区南千住・荒川区西日暮里

(板橋区地域) 板橋区高島平・板橋区板橋・板橋区成増

(練馬区地域) 練馬区光が丘・練馬区旭町・練馬区富士見

(足立区地域) 足立区千住・足立区綾瀬・足立区竹の塚

(葛飾区地域) 葛飾区亀有・葛飾区青戸・葛飾区新小岩

(江戸川区地域)江戸川区葛西・江戸川区平井・江戸川区西小岩

ポスティングスタッフのための基礎情報

(アルバイトとは)

アルバイト(ドイツ語: Arbeit に由来する外来語:あるばいと)は、期間の定めのある労働契約(有期労働契約)に基づき雇用される従業員を指す日本における俗称である。略称としてバイトとも呼ばれ、非正規雇用の雇用形態の一種とされているが、正規雇用としてのアルバイト社員とする企業もある。「アルバイト」と「契約社員」の区別は慣習的なものであり、企業がそのように勝手に呼び分けているだけ(「パート」と「アルバイト」の区分についても同様)であり同一同格の労働者である。労働法的にはどちらも労働者であり、単に労働時間や契約期間が異なるに過ぎない。アルバイトでも、年次有給休暇を始めとする労働者としての権利の行使、会社が正社員に提供する福利厚生などの対象になる。なお健康保険法においては2ヵ月以内、雇用保険法においては1ヵ月以内の有期労働契約は、日雇いに区分される。(ウィキペディアより引用)

(アルバイトの同義語)

労働 ・ バイト ・ 雇用 ・ 働き口 ・ 仕事(Weblio 辞書より引用)

(仕事=職業とは)

職業(しょくぎょう)は、日常的に従事する業務や労働など、技能、知識、能力などをまとめた一群の職務のこと。職(しょく)、生業(すぎわい、せいぎょう、なりわい)、仕事(しごと)とも呼ばれ、日本では正規雇用で労務に従事することを就職(しゅうしょく)、就労(しゅうろう)という。生計を立てるための仕事も職業とされる。

職業の目的は人それぞれではあるが、ほとんどの場合、生計を立てるため、つまり生活するのに必要な(衣食住などの)物資やサービスを得るため、現代であれば主としてそれを得るために必要な金銭を得るためになされている。被雇用者の場合は、主としてそれを給与の形で、個人事業主(自営業)の場合は利益 の形で得ている。

被雇用形態は正社員、アルバイト、パートタイムなど様々。通常の意味での職業ではないが、主婦、学生さらには無職を、便宜上、職業の1つとみなすこともある。(ウィキペディアより引用)

(求人とは)

求人(きゅうじん)は、労働力となる者を収集するために行う告知、及び雇用契約の誘引行為のことである。

一般に、企業・団体など事業者が、雇用したいとする者を、一般の市民(学校卒業見込みの者を含む)から募集することを指す。正社員、アルバイトやパートタイマーなど、雇用形態についても、労働条件と共に募集する際に明示する。

企業などの事業の展開により、人手が足りなくなることがある。軽微な場合は現有スタッフの勤務時間の増加(残業)などで補うことが多いが、実質的に限度があり、また、労働基準法に基づく労使協定(いわゆる36協定)で定める上限時間を超えることはできない。あるいは、定年退職による欠員の補充、また、事業内容によっては特定分野の能力(スキル)を持った者を必要とすることもある。

以上のような場合に、事業者は労働力もしくは一定のスキル・ノウハウの確保のために、労働者の雇用の必要性が生じるのである。(ウィキペディアより引用)

(求人の同義語)

求人 ・ リクルート ・ 人員募集 ・ 社員募集(Weblio 辞書より引用)

(給料とは・基本報酬)

給料とは、会社で働く会社員などが労働の見返りとして、
事業主から支払われるすべてのもの(諸手当を含む)と定められています。

労働基準法などの労働法では「賃金」、
健康保険法などの社会保険では「報酬」とも呼ばれます。

会社員が実際に支給を受ける給料では、
社会保険料(健康保険料、厚生年金保険料、介護保険料)、
雇用保険料、所得税、住民税などが差引かれており、
差引かれた後の給料を手取り給料とも言います。(コトバンク・ビジネス用語集より引用)

(給与とは・手当金や賞与を含む報酬)

給与(きゅうよ、英語: Salary(サラリー))は、雇用契約に基づいて雇用主から従業員へ定期的に支払われる、労働の対価報酬。

給与の支払い方法は、それぞれの企業において就業規則を労働基準法で作成する義務がある場合には、これを規定する必要がある。支払い形態としては、日払、日給月給、月給、年俸などの種類がある。労働基準法24条の「賃金支払五原則」により、毎月一回以上、一定期日において支払わねばならない。

支払い方法は通貨による手渡しが原則である(通貨払いの原則)。労働基準法24条の「賃金支払五原則」のうちの一つである「賃金の通貨・直接払」の原則により、銀行等金融機関口座への振込(給与振込)は労働者の個別の同意が無い限りは違法であり(労働基準法施行規則第7条の2第1項)、給与振込の導入については、従業員の個別の同意を得ることのみが、労働基準法上の要件である。給与振込に関する通達に基づく条件を企業側が満たすことは法律上の要件ではない。労働者が現金支給を求めるならば、これを拒否することができない。なお、労働者が給与振込を求めても企業側が応じる法律上の義務はない。賃金支払に関する労働協約がその事業場全体に適用される場合であっても個別の労働者の同意が必要である(通達平成10.9.10基発第530号、平成13.2.2基発第54号、平成19.9.30基発第0930001号)。なお、振込手数料について労働基準法の条文では、使用者、労働者のいづれが負担すべきかについて定めはなく、使用者と労働者で交渉して決するものである。また、給与は給与明細書もしくは電子給与明細と一緒に手渡しされることが多いが、労働基準法で義務付けがあるわけではない。労働基準法以外の所得税法、労働保険徴収法で定められている支払明細も所得税や労働保険料に係る明細の義務があるだけで、一般に労働者が求めると思われる各種手当の額や労働時間数、時間外労働時間数、休日労働時間数などを示す義務がある法律は存在しない。

大企業においては給与振込が主流となっている。中小企業やパート・アルバイトへの支払いについては、手渡しで行われている例もある。現在でも労働基準法では現金払いが原則で、あくまで口座振込はその例外として書かれている。(ウィキペディアより引用)

(給料の同義語)

年俸 ・ お給金 ・ お給料 ・ 給料 ・ 月給 ・ 月謝 ・ お月謝 ・ 謝金 ・ 謝礼 ・ あてがい扶持 ・ 手当て ・ サラリー ・ 賃金 ・ 報酬 ・ 給与 ・ 手間賃 ・ 駄賃 ・ ペイ ・ 人件費 ・ 手当(Weblio 辞書より引用)

 

 

 

※以下はポスティングアルバイト求人情報の広告になります

[TOP]   [求人仕事情報]   [アルバイト求人要項]  [バイト仕事の一日]  [先輩スタッフ達の声] [配布員求人要項]  [正社員募集要項]  [求人応募フォーム]

株式会社リアルメディアジャパン公式ウェブサイトはこちら

株式会社リアルメディアジャパン公式モバイルサイトはこちら

株式会社リアルメディアジャパン【ペーパーメディア事業部】月島第一営業所
〒104-0052 東京都中央区月島2-6-11-1F
TEL:03-5560-9194 FAX:03-6228-2194
E-mail:info@realmediajapan.jp

株式会社リアルメディアジャパン【サイバーメディア事業部】月島第二営業所
〒104-0052 東京都中央区月島3-3-13-2F
TEL:03-5547-4952 FAX:03-5547-4956
E-mail:tsukishima@realmediajapan.jp

株式会社リアルメディアジャパン【映像メディア事業部】銀座支社
〒104-0061 東京都中央区銀座1-13-1-4F
TEL:03-6869-5720
E-mail:ginza@realmediajapan.jp

株式会社リアルメディアジャパン【全国メディア事業部】東京本社
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-3-20F
TEL:03-5288-7732
E-mail:marunouchi@realmediajapan.jp